キャッシングってなに?仕組みとメリット・デメリットを教えて!


キャッシングって何?

これまでクレジットカードなどに触れたことのない人は、キャッシングという言葉の意味がよくわからないかもしれませんね。一言でいえば、これは「消費者金融等からの小口融資」を指しています。たとえば1万円とか、2万円とかいった少額の借金をすること、これが「キャッシング」なんですね。うっかり財布を落としてお金に困ったとき、親戚の結婚や葬式でお金が入用になったとき、役に立つのがキャッシングなのです。

それでは、このキャッシングとはなんなのか。
以下にまとめましたので、ぜひ覚えておいてください。

キャッシングのメリット

キャッシングのメリットは、その借りやすさにあると言えるでしょう。申請の際も、お金を借りるときにも、面倒な作業は必要ありません。キャッシングは主に、クレジットカードに付帯しているものを使う場合と、お金を借りる専用のローンカードを使う場合とがあります。クレジットカードもローンカードも、基本的には申請の仕方は同じ。専用のフォームで必要事項を入力し、あとは審査を待って、それに通ればカードが届くのを待つだけです。

金融会社によっては、カードの審査に通った時点で、即日融資可としているところもあります。すぐにお金を借りられる、収入証明などの書類を用意する必要がないといった簡便さから、キャッシングは非常に多くの人々に利用されているのです。

最近では、クレジットカードに、買い物をするための「クレジット枠」とは別に、お金を借入できる「キャッシング枠」というのが付いていることがほとんどです。したがって、たとえばコンビニ等に行ったときに、そこのATMでお金を借りることができるんですね。窓口に行く必要がなく、どこでも簡単にお金を借りられることが、キャッシング最大のメリットと言えるでしょう。

デメリットは?

それではキャッシングのデメリットは何かあるのでしょうか。これは、借入の金額が小さいだけに、金利が多少高めに設定されていることですね。大体年利18%といったところでしょうか。万が一返済期間が長引いてしまうと、その利息だけで大変な負担となります。「ご利用は計画的に」とよく言いますが、キャッシングをするときは、その言葉通り、ある程度の計画性が必要となるのです。

数万円単位であれば、一ヶ月、二ヶ月で返せるかもしれませんが、複数の会社から少しずつ借りたりしていて、返済が滞ると、利息の負担がかなり大きくなってしまうことを覚えておきましょう。

以上のことを踏まえたうえで、計画性を持って、キャッシングを利用してくださいね。