キャッシングの返済方法「リボ払い」の仕組みは?注意点ってある?


キャッシングのリボ払いの仕組みは?

キャッシングをしたあとは、借りたお金を少しずつ返していかないといけません。その返済の方法として、最近は「リボ払い」が主流となりつつあります。このリボ払いというのは、一括払いや分割払いとも違う、新たな返済方法です。

一括払いというのは、翌月に借りたお金を一括で返済する方法ですね。利息の負担が最も少ないのは一括払いです。分割払いは、借りたお金を2回とか3回とかにわけて返済していく方法です。では、このふたつとも違うリボ払いとは、いったいどのようなものなのか。簡単に言えば、毎月の支払額が一定になる返済方法です。

たとえばあなたが10万円のキャッシングをしたとします。そしてリボ払いを選択したとします。あなたがお金を借りた会社は、10万円までの借金をリボ払いで返済する場合、月々の支払いの最低額を3000円に設定しています。するとあなたは、10万円の借金を毎月3000円ずつ返済していけばいいということになるのです。

手元に1万円あるけれど、そのすべてを借金の返済にあてるのではなく、いくらか残しておきたい。そういうとき、3000円を支払えば、それ以上の返済をする必要はありません。逆に、いま手元にある1万円をすべて返済に充てたいという場合は、ATMなどから簡単に返済が可能です。月々の最低額を上回っていれば、月にいくら返済しようと自由ですので、たとえば10万円の借金を一括で返済したり、2回に分割して払ったりすることもできるんですね。月々の負担が少ない、余裕のあるときには多めに返せるというのが、リボ払い最大のメリットです。

この月々の最低の支払額というのは、借り入れた額によって少しずつ高くなっていきます。借り入れが10万円までは3000円、10万と1円からは5000円、20万と1円からは1万円といった感じですね。リボ払いには、このように、借り入れた額に対して月に支払うべき金額が小さいという特徴があるのです。

しかしデメリットもあります。それは返済期間が長引いてしまうということです。10万円の借金をして、それを月に3000円ずつ返済していくとしたら、利息の分を含めると約3年後に完済となります。返済期間が長引けば長引くほど、利息負担は大きくなりますので、リボ払いというのは実質的には一括払いや分割払いよりも利用者の負担の大きい返済方法なのです。月々の返済額が小さいからといって気軽に利用していいものではないんですね。結局のところ高くついてしまうのですから(参考記事【キャッシング 金利】)。

リボ払いを選ぶのであれば、計画的に、最低額以上のお金をすこしずつ返していけるようでないといけません。今月は3000円払えばいいか、なんて自分を甘やかしてしまうような人には、おすすめできない返済方法だといえるでしょう。

身の丈にあわない買い物をしない!

そしてリボ払いを利用するときに注意していただきたいのが、身の丈にあわない買い物をしない、ということです。リボ払いを選択した場合、月々の返済額が小さいので、数十万円単位の大きな買い物が気軽にできてしまいます。たとえば30万円キャッシングをして、大きな買い物をしても、毎月1万円ずつくらい返済すればいいのがリボ払いです。

月に1万円なら、フリーターや学生でも払えないことはないでしょうが、あくまでそれは借金ですし、先ほど言ったようにリボ払いの利息負担は非常に大きなものです。リボ払いだから月々の負担は少ないし大丈夫、なんて余裕をかましてお金を借りまくっていると、いずれ首が回らなくなってきます。そのときにはもう手遅れなのです。

そのお金が今本当に自分に必要なのか、そしてその買い物は正しいものなのか、きちんと考えなくてはなりません。基本的には、自分の収入ではとても買えないようなものは、お金を貯めて買うか、我慢するかしたほうがいいですね。身の丈にあわない買い物をするのにキャッシングを使うと、必ず痛い目を見ることになりますよ。